良い不動産業者で良い物件を見つけよう

>

店に入ってからわかる、判断基準

このコラムをシェアする

店内に入ってすぐに見えるポイント

不動産業者は、宅地建物取引業者免許証(宅建免許証)を、誰でも確認しやすい場所に掲示する必要があります。
この宅建免許証の認可番号を確認することで、その店がどのくらい営業していたかがわかります。
例えば東京都に居を構える不動産屋であった場合、「東京都知事◎第○号」といったように表示され、免許の更新回数が入ります。
免許の更新は5年ごとに行われる為、「1」なら営業が5年未満、「2」なら営業10年以上、といった風に判断することが出来ます。
長く営業していれば必ず良いとも限りませんが、それでも数字の大きい店は、なかなか信頼度は高いと言えるでしょう。
ちなみに、お店のHPにも掲載されている場合があるので事前にチェックしておくのもいいでしょう。

やはり1番気になるのは店員の対応

対応してくれる、お店の営業マンの接客態度も、判断基準にするべきでしょう。
どれだけの契約を取ることが出来るかで、歩合制での給料を採用している所も少なくないため、なんとしても契約を取ろうとしてくる営業マンは大いにあり得ます。
こちらの希望する条件をろくに聞かずに、世間話を挟んだり、条件提示の途中で物件を紹介し始めたりするのはかなり怪しいです。店によってはヒアリングシートを最初に記入する所も多くありますが、その上で更に細かく条件を聞いてくれるお店は、良いお店でしょう。
また、内覧後などに「他にも希望者がいる」などのように契約を急がせるようなことを言ってくる営業マンにも注意です。

その他、店側の方から積極的に言ってくることはあまり無いでしょうが、聞けば素直に物件のデメリットを答えてくれるのは、好ポイントと言えます。