良い不動産業者で良い物件を見つけよう

>

地元密着型不動産の利点

このコラムをシェアする

1つの物件に対して関わる人々

インターネットなどで物件を検索すると、同じ物件でもいくつものサイトで掲載されていることがよくあります。
これは、まず部屋やマンションなどの所有者「大家」がいて、その大家から委託されて、物件の管理やメンテナンス、物件紹介などをメインに行う多くは古くからある地元密着型の「管理会社」がいます。
そこに更に、物件をもっと広く入居希望者に知らしめるために広告を打ち出す(管理業務を行うこともある)のが各種仲介業者「不動産会社」です。更に更にインターネットで多くの物件をまとめて紹介しているのが、各種不動産情報サイトです。

地元密着型の管理会社は持ち物件であったり大家に近しいため色々と融通が利きやすく、大手不動産会社は仲介料など費用がかかる代わりに多くの物件情報を持っています。

少しでも安く

大手の不動産会社では情報が多く得られる代わりに仲介料で初期費用が高くなってしまいます。
ですので、そちらで物件情報だけ得て、大家や管理会社に直接出向いて交渉すると、初期費用が抑えられるかもしれません。
もちろん、大家に委託された管理会社でも仲介料が発生してしまうことはもちろんあり得ますが、古くから地元で営業している管理会社ならば、その土地に昔から住んでいるからこそわかる些細な地元情報を教えてくれるでしょう。
また、交渉を持ちかければ、家賃の一部や共益費などをまけてもらえる可能性があります。大家から物件を委託された会社であっても、大家へ値下げ交渉を仲介してくれることがあります。
その辺りも、大手チェーン店では出来ない、地元密着型店舗ならでは利点でしょう。

大手の利点は情報量の多さですが、今はネットを介して情報共有をしているので、地元不動産屋を利用するのが手っ取り早いかもしれません。